AOTEAROAで読書

2019年読書の記録です。

15. Plainsong (Plainsong series #1)





アメリカ、コロラド州の架空の小さな町Holtを舞台にした3部作の1作目。
時代設定はおそらく70年代前半かと。。。
チャプターの名前はそれぞれフォーカスされた登場人物の名前。

Guthrie.
Ike and Bobby.
Victoria Roubideaux.
Maggie Jones.
McPherons.
Ella.

Guthrieは高校のアメリカ史の教師。
Ike and Bobbyは10歳と9歳のGuthrieの息子。
EllaはGuthrieの妻で息子たちの母、うつ病で家に閉じこもったまま。
Victoria RoubineauxはGuthrieの高校の生徒で妊娠してしまう。
Maggie JonesはGuthrieの同僚の教師でVictoriaが唯一頼れる大人。
PcPheronsは高齢の兄弟ファーマー。母親に家を追い出されMaggieを頼って居候させてもらっていたVictoriaだけれど、同居している認知症のMaggie父に認められず、Maggieの家を出なければならなくなり、そんな彼女をひきとってくれる。

上に表記したように、チャプターの名前の後にピリオド付き。
さらに、小説を通して、会話にクオテーションマーク " " が使われていません。
各チャプターは、その名前の人にフォーカスが置かれていて、ジャンプするのだけれど、わかりにくいことはなく、読みやすいです。

70s~80sぐらいの、田舎町の雰囲気を堪能したくて図書館から借りたのですが、その通りの作品だったので満足です。

まだ日本語に訳されてないかな??

作者Kent Harufが亡くなった後に出版された最後の作品、Our Souls at Nightがロバート・レッドフォードとジェーン・フォンダでNetflixの映画になっています。
最初にこの映画を見て、この町の雰囲気をもう少し感じていたくて、この小説にたどりつきました。
Our Souls at Nightも同じくHoltが舞台。
雰囲気といっても、特に特別な雰囲気があるわけではなく、70sの普通の小さーな町です。



Our Souls at Night: Film Tie-In
Haruf, Kent
Picador
2017-07-27





★★★★☆



ポチっとお願いします!
  👇     👇
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

14.ランチのアッコちゃん



図書館の日本語コーナーを見ていて見つけました。
こういうシンプルなおべんとうが好きだなーーーー。

短編4作からなっています。
ランチのアッコちゃん
夜食のアッコちゃん
夜の大捜査先生
ゆとりのビアガーデン

このうちアッコちゃんシリーズは最初の2作。
一見ごく普通の派遣社員澤田三智子とその派遣先の社員、ちょっとミステリアスでやり手のおばさん社員アッコ女子。
アッコさんが恋人にふられしょぼくれている美智子の毎日作るお弁当とアッコさんが日替わりで行っているランチと1週間交換しよう!と提案したことから2人の関係が始まります。

こういう短編もありなのかな。
私が思う「切り取られた」短編小説というのではなく、起承転結のはきりした物語になった、ただ短いお話。
でも、楽しく、軽く読めて、ほかの作品も読みたいなーーーという気分になれたので、★は四つ。
図書館で調べたら、なんと、この作者の本がクライストチャーチに3冊もあります。
全然知らない人だったけれど、人気作家なんでしょうかね?
さっそく予約したので、次は柚木麻子作品が続きます。

ちなみに、「夜食のアッコちゃん」ではポトフが出てくるので、とても食べたくなり、作ってしまいましたーーーー

★★★★☆



ポチっとお願いします!
  👇     👇
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

13. Offshore




VeraやShetlandシリーズの人気作家Ann Cleevesの短編集。
どの短編も舞台はUKの島。
Vera、Jimmy Perez、 Willow Reevesも出てきます。

私は短編が好きだし、Ann CleevesのVeraのシリーズもShetlandのシリーズもどちらもファンなので、とても期待していました。
殺人事件の短編ってのもそんなにないじゃないですか。
気に入りたい気持ちはいっぱいだったのだけれど・・・・

イマイチでしたね。

なんていうか・・・「あ、うまい短編!」と感じられるようなパンチがないし、短編小説として技術的に高レベルに達してないような気がします。。。。

短編って、なんていうか、人生の中のほんの一部を切り取ってあるだけなのに、情景がものすごく浮かんだり、感情がすごく揺さぶられたりするものだと思うのだけれど、この中のストーリーは、なんとなく、長編のアイディアを書いてあったけど、長編にするのは却下されたものを、さらっと短編にしてみた。。。という印象。
そして登場人物の背景の直接的な説明が多すぎるような気が。。。

短編って、登場人物の背景とか、どうしても知らせなくちゃいけないことであっても、間接的に、読者が想像できるぐらいのヒントみたいな感じで紹介されてあったり、背景は謎のままにしてあったりとかでいいと思うんだけどね。。。

たぶん、何も知らずに読んだら、星二つぐらいだと思うけど、私はシリーズのファンで、よく知っている人が出てきたりして、それなりに楽しめたのでもう一つ足しました。




★★★☆☆



ポチっとお願いします!
  👇     👇
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

12. The Girl on the Balcony



これは、ちょっと前に読んだのだけど、記事にするのを忘れていました。
でも記録なので、ここに書いておきます。



オリビア・ハッセーの自伝。
というか、長男のアレックス・マーティン(ディーン・マーティンの孫)がほとんど書いたようですが。

もうちょっと早く書けばよかったかな。

世界で最も美しいと言われたオリビア・ハッセーは、ちょっとイメージの違うおばさんになってしまっているし、もう若い人の中では名前を知らない人もいるよね。

3人の夫との間にそれぞれ一人ずつ子供をもうけ、その年齢のギャップもわりとあって、子育てを優先し、女優としてのキャリアにはあまり力を注がなかったのでしょう。

一人目の夫:ディーン・マーティンの息子
二人目の夫:布施明
三人目の夫:現在の夫

布施明と結婚していた頃がおそらく30代で女優としてまだまだいけたと思うけれど、ベビーもでき、長男もまだ小学生ぐらいで、そのままずるずる働かなかったんでしょうね。

現在の夫は売れない歌手(?)ですが、結婚生活は20年以上続いていて、二人の間の娘が成人しつつある感じで、歌手として活動したいようです。
そのプロモーションもかねているのでしょう。

本の半分は小さい頃~ロミオとジュリエットまでの話。
布施明との結婚生活は30ページぐらい。
布施明とその息子はだいぶプライベートな生活を守るタイプなのでしょう。
さらっと紹介されています。

女優の自伝としては・・・特におもしろいところはなかったです。
布施明に「君たちの将来だよ」とマリブの家をキャッシュで買ってもらい(自分もちょっとだけ出したと付け加えてますが)、おそらくその家を慰謝料としてもらったのに、その後人に騙されたりして、家も失ってしまい破産します。
その辺を語ったのが「赤裸々な・・・」という売りのようでしたが、それもさらっと。。。
あとは、インドのグルーとの関係ぐらいでしょうか、ちょっと違っていたのが。
でもそれも、なんていうか・・・さらっと。。。

無難な感じ。。。

期待するほどのインパクトはなかったと思います。

でも、こんなニュージーランドの図書館にもはるばるやってきているわけですから、ある程度の売り上げはあったでしょうね。



★★★☆☆



ポチっとお願いします!
  👇     👇
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村

11. A Trick of the Light (Inspector Armand Gamache #7)




前の記事のガマシュ警部シリーズの続き。
舞台はスリーパインズ村に移ります。
クララとピーター夫婦。
クララの才能が見いだされ、有名なミュージアムで個展が開かれます。
それに対してのピーターの嫉妬との葛藤。
そんな中、夫婦宅で開かれた個展後のパーティの後、庭で殺人死体が見つかります。

その他のストーリーラインはジャン・ギー・ボボアール。。。。
ある女性への恋心に気づき離婚を決意し別居中。
前の話で死にかけたことも、自分の気持ちに正直になるきっかけとなる。
でも、確実に怪我とあの体験から回復していっている警部と比べ、まだまだ不安定なジャンー・ギー。
なんとなーく。。。。いやーな予感はしていましたが・・・

ガマシュ警部が、どこかで埋もれていた人材を見出し、自分のチームに入れてきた部下たち。
その中でもトップにあたるジャン・ギー。
欠点はたくさんあります。
今回と次作は、そんなジャン・ギーをあたたかく見守ってあげられる読者じゃないと、かなりがっくりきそうなストーリーライン???
そんな予感がします。悲
クララとピーターのこともあるし。。。。

でもやめられない、このシリーズ。
次も読みますよ。

殺人事件は各回独立、完結していて、前後関係なく読めるのですが、登場人物のバックグランドに関して、こうしてつながっていくストーリーラインがあるので、やっぱり、このシリーズは順番に読むのがいいと思います。


これも、Audiobookを借りて聞きました。
ぐいぐいと引き寄せられ、4~5日で聞き終わりました。
今までで一番早かったかな。
次作も早速予約をしようと探したら、残念AudiobookもeBookも図書館にない!!!
仕方ないので、普通の紙の本を予約しました。



★★★★★



ポチっとお願いします!
  👇     👇
にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
プロフィール

Emily

ニュージーランドに生息しています。主に洋書ミステリーを読みます。

クリックお願いします♪
👇
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村 本ブログ 読書備忘録へ
にほんブログ村
ギャラリー
  • 4. Clock Dance
  • ライブドアブログ